明日葉 成分

ふるさと青汁のメイン原料である「明日葉」の成分について

ふるさと青汁のメイン原料として大活躍の「明日葉」の成分について探ってみました。

 

健康に良い食べ物として注目を集める明日葉。滋養強壮や成人病予防に大変高い効果が認められる植物ですが、実際にはどのような成分がふくまれているのでしょうか?明日葉の主な成分には、以下のようなものがあります。

 

・カロテン ・カリウム ・ビタミンB群 ・食物繊維 ・タンパク質 ・カルシウム ・鉄
・ナイアシン ・パテトン酸 ・カルコン ・クマリン

 

この他にも様々な成分が含まれているというのですから、驚きですよね。

 

このように豊富な成分を含む明日葉ですが、中でも特徴的な成分が「カルコン」です。
カルコンはポリフェノールの一種で、健康のみならず、美容にも大変良い影響を与える成分です。
このカルコンは、明日葉の根や茎を切った時に出る黄色の知るに含まれていて、がんの抑制や活性酸素の除去、老廃物の排出などに作用するとされています。また、カルコンは胃酸の分泌の抑制や抗菌作用などもあり、健康維持や成人病予防に高い効果を発揮するといわれています。

 

更に明日葉の有効成分として見逃せないのが「クマリン」です。
クマリンは抗菌作用で知られる成分ですが、最近ではアルツハイマー型地方の予防に役立つことが分かり、大変注目を集めています。

 

カルコンとクマリンはそれぞれ促進作用を持つとされ、この二つを併せ持つ明日葉は、非常に貴重で素晴らしい野菜だといえるでしょう。

 

明日葉は「奇跡の植物」「健康野菜の王様」という謳い文句で語られることも少なくありませんが、そういったコピーに全く名前負けしていない、優秀な食べ物です。ふるさと青汁などを利用しながら、出来るだけ積極的に日常の食生活に取り入れて、健康維持や病気予防に役立てたいですね。