明日葉 青汁

明日葉が原材料のオススメの青汁を紹介

最近は、健康食品として明日葉が注目を集めつつあり、明日葉を使った青汁を製造販売しているメーカーも増えてきています。一気に明日葉青汁の市場が広がったこともあって、消費者側からすると「一体どれを選べば失敗がないの?」と混乱することもしばしばといいます。ここでは、明日葉を原材料として青汁の中でも、特に人気が高いものをご紹介したいと思いますので、明日葉青汁選びの参考にしていただけると幸いです。

 

1、マイケア ふるさと青汁

 

マイケアのふるさと青汁は、明日葉が主原料の青汁の中で最も人気が高いものとなっています。やはり、明日葉を原材料とした青汁の先駆けとして有名な「ふるさと青汁」は、信頼と実績はピカイチだといえるでしょう。ふるさと青汁は、飲みやすくてデトックス効果が高いことでも知られていて、老若男女問わず幅広い年代の方に愛飲されています。初めて青汁に挑戦するという方にも、大変おすすめです

 

2、サントリー極みの青汁

 

大手飲料メーカーのサントリーが販売している「極みの青汁」は、名前の通り本格志向の青汁です。極みの青汁は主原料に国産の明日葉と大麦若葉、それに野菜ポリフェノールをプラスした、大変実直な作りの青汁です。飲みやすさのために甘味などを加えるのではなく、抹茶や煎茶を加えて加工することで「お茶のように飲める青汁」の製造に成功しています。

 

3、しあわせ青汁

 

国産の明日葉やケール、大麦若葉に緑茶をブレンドした青汁です。乳酸菌もやビタミンCもたっぷり配合されている青汁で、とても飲みやすい健康飲料となっています。しあわせ青汁の特徴は、そのコストパフォーマンスにあり、1杯あたり50円以下と大変お得な価格設定になっています。続けやすい価格の青汁って、魅力的ですね。

 

上記の3商品が「明日葉」が原材料で有名な青汁製品です。特に「ふるさと青汁」は「むくみ」や「デトックス」に効果的なクチコミが多く、ダイエットに適した青汁として広まっており、女性を中心に人気の青汁となっています。